先頃モデルチェンジしたNBOXにVTECが搭載されたという話を何かで見かけて、普段は興味の薄い分野なのだがちょっと見に行ってみようと、三菱の帰りに思い立ち、実にふらっと寄ってみました。

昔はハイパワーの代名詞だったVTECが軽乗用車、しかもスポーティーモデルではなくハイトワゴンのNBOXに搭載・・・。

別に当時を知りもしないのですがなにやら感慨深いものがありますね。

とはいえ、そもそもVTEC自体がより緻密な制御を行う為の機構なわけで、昨今流行ったダウンサイジングターボ的な発想と変わらない筈。そもそもS660ですら自主規制を超えずに発表されているのでパワー系のチューニングな筈がない。

まあ、言ってみたらそんなことはわかってる話な訳で、さあその上でどうなのか、ということを知ってみたいと思った次第ですよ。

中々に熱いホンダマンらしい営業さんとひたすらお話しつつNBOXを見せてもらう。

何でも営業マン向けの説明会もミニサーキットでやったらしく、走りにも相当自信がある様子。

車内の便利さ加減は普段必要十分ギリギリなクルマに乗ってるから全然わからない(どれも便利に見えちゃう)けども、至れり尽くせりな感は驚きを通り越して呆れるレベル。これはNBOXに限らないけど。

乗ってみると「軽とは思えない」尽くしの感想。

軽とは思えない車輌感覚。上方空間の広さはこれまでのハイト系ワゴンの上をいく広大な空間。車幅感覚が狂ってしまいそうなくらいな広さを感じて、普段3ナンバーに乗っているのに横に当たりゃしないか心配になるくらい。
そんなわけないのはすぐわかるのであっという間に慣れるけど。

軽とは思えない運動性能。休日の夕方だったのでペースは遅めだったが、走る曲がる止まるに不足はない。

アクセルを踏んだ後に引っ張られるような挙動の遅れもないし、ハイト系Kカーにありがちなロール量でコーナーリングに対応するサスセッテイングとは一線を画している。乗用車として望まれるレベルの粘りを持って適切にコーナーを抜ける。

サスセッテイングが柔らかいことが即悪いことではないのだが、過剰に柔らかければやはり運転者にとっては不安定さにつながる(車体の不安定さとはまた別なのだが)。

軽にありがちな不足感がないので運転していて満足度が高い。

ただ流石に運転していて楽しい、というレベルにまでは達してない。不満がないので満足度が高いのであって満たされるものがあって満足度が高いわけではない。

運転していて楽しい、というのは一次安全性に大きく寄与する事柄なのでそこには常に期待したい。

特に走る楽しみを期待されていない軽を含むコンパクトカーにこそ、そこを期待したい。クルマに特に関心のない人が運転がなんだか楽しいと思えるのが理想なのだが。勿論、今でも軽ハイトワゴンに求められていた期待値は越えてきていると思いますけどね。


しかし内装も軽を感じさせない仕上がりで各所に工夫も凝らされているのだが、そんな上辺だけの進化ではないことは軽い試乗でも充分感じられた。

しっかし、上のグレードとはいえナビつけて見積もり金額約250万円かぁ…。

単純に金額だけ見ると驚くのだが、家族で一台、ドライバーにも不満が少なく、使い勝手もよく、それでいて乗るたびにコストカットのそっけなさを感じさせられないモノを求めようとすれば必要な金額なのかもしれない。

税制面での有利さや性能の向上など軽を選ぶメリットはそのままにデメリットは随分と薄まってきたこともあり、軽を一段劣るものとして捉えることも少なくなってきたのか。

それ以前にNBOXのような軽ワゴンが必要にして充分だと考える向きも多くなってきたのかもしれない。例えば家族が4人までならジャストサイズで無駄がない。

乗用車の余裕も言い換えれば無駄として、必要最低限のサイズのものを最大限活用すること、それこそがスマートなカーライフという論も成り立つ。

そんな中、車内空間の余裕もおそらく限界まで広げられ、燃費の向上もひとまず現状いけるところまでいった感があろう。そうなると次の付加価値として走行性能が磨き上げられる可能性が出てきているのではないだろうか。そんな事を予感させる仕上がりで今後の軽カーの動向も目が離せないな、という印象でした。

まぁ、なかなか買う気もないのに新車に触れる機会ってないんですがね。