0305月の連休中にクルマ・バイク共にエンジンオイルの交換をやっておきたいと思っていたのですよ。

これから季節が進むと、暑いのはともかく蚊との戦いになるので、やるべき予定が決まっているのならいい時期にやってしまいたかったのです。

オイル自体も暑くなる前、寒くなる前、に交換して新しいのが入った状態で厳しい季節を乗り越えるのがよいでしょうしね(そして厳しい季節を乗り越えたオイルを抜いてあげるのも)。


・・・・・・そう思ってはいたもののなかなか時間が思うようにとれず、また気力が沸かず、休みも終わりかけの慌ただしい中交換作業です。

いつものようにオイルチェンジャーをスタンバイしてRX-8のオイルを抜いていきますよ。

プラグ被りで預けていた時に清掃の一環でオイルを換えてくれていたみたいなのですがね、まぁ、そんな理由で交換しているわけだから早めに新たなオイルを入れてやりたかったのですよ。

今回からはJUMP OIL の5W-50 を入れていきます。ペール缶で買ったからしばらくはコレですね。栓して玄関に置いてあるけど劣化しないように祈るのみです。ま、多分大丈夫でしょう。

オイルフィルターも替えます。PIAAのなんか磁石が中に入っているというヤツ。

オイルフィルターはろ過性能(集塵性能?)が高いほど早めに交換するべきっぽい。しっかり汚れをとって詰まりはじめるとフィルターを介さずにオイルが循環するようになるとか。

ある程度汚れを吸着してフィルターに抵抗が出てからが本領発揮だ! だから2回に1回の割りで交換くらいで丁度いいのだ! という説が主流ですが、個人的には高性能を謳うフィルターほど早めに(毎回?)交換してやるべきだなと思いますが、どうするかはオーナーのお好みで。


交換前にチェックしていたレベルゲージ的には結構ゲージの下限に迫りつつあったので交換のタイミングとしては悪くはなかったかな。オイルがガンガン燃えちゃうロータリーでなければオイルの減りで交換時期を決められることもないでしょうが。

今入れているJUMP OIL って6000kmくらいは余裕で走行フィーリングが変わらずに使えるみたいなんですがね、ウチのコの場合大体3000km手前でオイル残量に余裕がなくなってきますね。



さっきオイル粘度も書きましたケド、RX-8に入れるには本来少し固めのオイルなのかな? という数字ですね。FDなんかのターボモデルにも全然問題なくイケそうなくらいの粘度なのですが、今回KSR110にコレを入れてやることを主眼に選んだので、RX-8とビラーゴは強制的につきあわされている状態です。

純正指定 10W-40のKSR110 

RX-8は5w-30 だったかな? 確かマツダの純正オイルがそれくらいだった気が。

走行距離が伸びるにしたがってオイル粘度を上げてやることで、僅かに広がるクリアランスを埋めて圧縮を取り戻す、という考え方もあるらしいのですが、5w-30のクルマに5w-50はさすがにやりすぎかな、と思わないでもないです。でも入れちゃう。

以前同銘柄の5w-40を入れた時の感覚から言っても問題なかろう、とは思っていたのですけど、やはりよい感じになりました(個人の感想です、あるいは思い込み プラシーボ!)。

何だかアイドリング付近の低回転で穏やかに発進する時に粘りが出たような・・・。エンストしずらくなった気がします。(素晴らしい! プラシーボ!)



ま、交換直後のオイルなんてよっぽど相性が合わないのでもない限りよくなるに決まっているのでもうしばらく乗らないとホントのところはわからないですが。

これまでのJUMP OILを使ったときの印象としては次に交換する時までオイルがへたった感じがしない、という記憶なので、その調子で是非頑張って頂きたいものです。