jump oil 5w-50

前回の5w-40が、3000kmいく前にレベルゲージを下回りそうな減り加減だったので、もう一段上のグレードへ。

正直値段もあがるし、NAでここまで(50)の幅が必要かな、と思って嫌だったのだが、交換して試走してみるとこれまでよりもアクセルに粘りが出た気がする。

これはトルクフルになったと思ってよいのか、エンジンの回り方が鈍くなったということなのか、判断つきかねるが、アクセルを踏むフィーリングとしてはよい感じかな。

気づくと思ったよりスピードがのっている感じなので注意が必要。


さて、これでオイルの減り具合がどうなるかでどちらがよいか判断しないと…。

無交換で6000kmくらいいけると随分お安くもつくし、嬉しいのだが…。


取りあえず、これまで入っていた5w-40の印象もメモっておくと、5w-40感がない軽さ。今日入れた5w-50もこれまでの感覚からすると10下の粘度を入れたような軽いフィーリング。

勿論これまでには50なんて入れたことないのだけど、他社製品の40相当の感触に感じられる。

軽やかに回転があがり、そのために素早くパワーが出てくるといった特性か。回して始めて出力が得られる8のようなエンジンにはこれでよいのかも、という気がする。


ただ、フィーリングは3000km近くになっても一切ダレた様子はないのにも関わらず、オイル量がキレイになくなってしまうのでかえってもったいなく感じる。

一度5w-50を使ってみて回転が
重たければ3000km前後で注ぎ足しするのを前提に40を使ってみてもよいかな、と考えている。