先日予約をし、リコールのエアバッグを対策品に交換してきました。

確かこれはひとまずの対応品で、またいずれ案内があって本格的に交換されるんじゃなかったかな? とこれを書いている今、思い出した。まあ、また何か言ってくるだろう。


それと同時に点火プラグと、ミッション/デフオイルの交換も同時にお願いした。

ミッションオイルなんかも銘柄に凝ればもっとシフトがはいりやすくなったり、なんてこともあるみたいだけど、現状(冷間時に1速にシフトするのは固さを感じるものの)そこまで不満でもないので、今回はまあ純正品でいってみようかな、と。

プラグも気のせいと言われればそれまでな感じではあるけれど、セルが回り始めてからエンジンが掛かるまでの時間が短縮されたように思える。



キュルキュルキュルキュルキュリューー ブロォン!?   だったのが、

キュルキュリューー ブロォン!?  



くらいになった。ただ、バッテリーが走っているうちに充電されて好調になったりしてもこんな感じなのでプラグの所為とは言いにくいが。

でもエンジンの回りもなんか滑らかな気がする。今度プラグレンチを買ってみて少し気にしてみよう。どうせよく分からないような気もするけど。






そういえば先日、ルームライトも青いLEDをいれてみた。 大変だったが青さは増した。でも後側のルームライトと微妙に色が違って、いまいち盛り上がりきれない。


来月中にはエアフィルターの清掃をして、エンジンオイルの交換も近々やるつもり。あ、ワイパーのゴムも替えなきゃ。いや、いっそブレードごとクールなやつに取り替えちゃうか?


10月の(僕は行かないが)ロータリーミーティングに向けて(静岡まで距離あるからね)準備しておかねば、と盛り上がっているのです。





・・・それで、あと何か弄りたい、と思うのだが、こやつなら、別売の追加ハーネスも合わせて買えば自分でつけられるかな。

水温と電圧を確認して気にしてみるのはよいかな、と思う。水温は非純正のエアフィルターを使っているぐらいのほぼノーマルで気遣う必要は無いはずなんだが、そうなのかどうなのか。
対策するほどのことはないだろうが、早めにギアを上げて冷却してあげるなど、走り方を変えてあげることはできるかな? 

電圧は・・・、まあ、たまにチェックしておけばバッテリー弱ってきたなー、とかわかるかな。





元々はこの夏、コレを入れてやろうかと思っていたのだが、必要なければ下手にエンジン温度を下げない方が未燃焼ガスが出にくいという説(多分サイドポートのRX-8特有の説かと)もあり、躊躇してしまった。でもコレ自体にはよさげな印象はもっているのだが。 
 エンジンルームの上部、イグニッションコイルなんかは温度が低いに越したことはないだろうし・・・。




夏真っ盛りになってなんだかパワーダウンしたなー、と思った時に気になったのはこれ。

吸気をautoexeのインダクションボックスに替えているので熱気を吸い込みやすいであろうから、より外気に近いところからエアーを取り込めた方がいい感じの吸気温度になってくれるのかなあ、などと妄想する。

でも、吸気口むき出しは好ましくはないし、吸気口が下がると水溜りに弱くなるしなあ・・・と。あと、取り付けにフロントバンパーを外すのが、面倒くさそう。我が家の8はフォグランプもついているから面倒くさそう。でも真夏のパワーダウンは避けられそう。




我が家のスーパーオイヌサマ仕様としては、この(あえてエアロパーツと言おう)コレも素敵。

これから秋口にかけて、窓を少し開けて車内でお留守番してもらう事が増えるだろうが、そんな時にこのひさしがあればお天気悪くても心配ない。走行中も使い方しだいで車内の換気が捗るそうな。欠点は窓から頭を出しにくくなること、ディーラーかどこかで取り付けてもらわないと歪みそう・・・という不安があることくらいか。



まあ、つける理由、つけない理由、どちらも考えるのは楽しいですよ。自分なりの理解が深まるし、あんまり弄って無くてもそれはコダワリなのだ、という胸中になるし。




スパークプラグ N3Y118110A×2 N3Y918110A×2 ミッションオイル MT-1M デファレンシャルオイル DF-1M バッテリーテスタにて性能測定(測定結果:正常) 容量:85% バッテリー液量点検→OK