福豆モータース

ブタと燃料

【CAUTION】 これはずぶの素人の備忘録です。参考にはなりません。

http://fukumame-motors.blog.jp/archives/1051208687.html

マフラー 持込交換

mazdaspeed製のスポーツサウンドマフラーの中古品をオークションで落札し、ディーラーにて取り付け。

排気音が車内からもある程度聞こえるようになり、アクセルを踏み込むと低音が静かに響くようになった。

後年スポーツインダクションボックスを取り付けてからはすっかり地味になってしまったが、それなりに満足している。

19761Km 初めてのオイル交換

今日はかねてから用意してあったものの先延ばしになっていた、クルマのオイル交換を執り行いました。

まずはクルマを軽く暖気。その間に道具の確認をしながらオイルがある程度温まるのを待つ。


まずは今回の主役といっても過言ではない、オイルチェンジャー君の登場であります。
まー、いわゆる上抜きってやつですね、クルマの下には潜りません、怖いから。( ^ー゜)b


ネットで見ていて8に使っている人が結構いたのと、どちらで抜いても結局ある程度は古いオイルが残るもんだ、ということで、チェンジャー買ってやってみることにしたのですよ。


レベルゲージの棒が入ってる穴からホースを突っ込んで、空気入れ(これは中の空気を抜いてその負圧でエンジンオイルを吸い出すのだが)よろしくシュッコシュッコする。


オオー!オイルが!吸い出されている!ほらこんなにもダバダバと!w(°□°)w


4L抜けました。キャパシティーぎりぎり。そして買ってあるオイルも4L一缶だけ。

ある意味ぴったりでよかった。


さぁ、次は新しいオイルを入れるぞぉ! と思ってオイル缶を傾けて注ぎ込もうとするが…。


やりにくすぎ!無理! ( ̄^ ̄)


何か使えないかと探していたが、計量カップ(500ml)を拝借してオイル注入!


どうにか上手いこといけましたよ…。(/_;)


今後の悩みは古いオイルで汚れたオイルチェンジャーの保管場所の確保と、新しいオイルが果たして規定量に余裕を持って入っているのかどうか、ということだ。

まあ、多分大丈夫ではないかな?

パックdeメンテ

エンジンオイル交換

Vベルトの張り損傷点検
冷却水の量点検
電気及び灯火装置点検
ブレーキ効き具合点検
記事検索
タグクラウド
最新コメント
  • ライブドアブログ