福豆モータース

ブタと燃料

【CAUTION】 これはずぶの素人の備忘録です。参考にはなりません。

http://fukumame-motors.blog.jp/archives/1051208687.html

ビラーゴリア廻り修理(から帰ってきた)

少し前からどうにもビラーゴのリア周りから何かおかしな音がする、とりまわしもなんだか重い、と言われててバイク屋に持っていこう、と出かけて診てもらったら、最初はブレーキワイヤーが固着してるのかな? という話だったんだけど、いざ入院してみたらリアシャフトのところのベアリングが砕け散っていたらしい。

…具体的にドコのどんなもんか実はさっぱりわかってないんだケド、まあ、なんかエライコトだというのはわかる。要するに、エンジンからの回転をリアタイヤに伝えて回っているワケだけど、リアタイヤを貫通しているシャフト部分が滑らかに動けるようにするためのベアリングが粉砕されてるってコトですよね?

まるでハイパワーに耐え切れないチューニングカーみたいな話だが、経年劣化でしょうな。

仕上がってから聞いたこぼれ話だが、元々ビラーゴはスイングアームの剛性が低めで、だから負荷がかかったんじゃないか、とのこと。ウチのって日本国内では最終型の99年式なので、限りなく後継のドラッグスター250に近い改良はされている世代のようだが、まあ、今は2018年ですからねぇ。何年乗ってんのよ? って話ですよね。 もうすぐ6万キロ。ヨメは今年中に達成するんだ! と息巻いているが、中古で確か2,3千キロくらいの走行距離で買ったんですよね。

よくここまで無事に乗れているもんだ。

常に錆との戦いに嫌気もさすけど、走っているときのフィーリングは衰えを感じない。49×66mmのロングストロークエンジンは低回転では鼓動を感じさせ、上まで回せば(タコメーターないから何回転しているかわかんないケド)高い声で唸りつつも滑らかな加速を見せてくれる。

クルーザーのなかでも所謂チョッパー系に分類されるが、ありがちな低速での切れ込みなどもなく、バンク角こそ少ないが(それでもボクはステップするほど倒したの一回だけだけど。このへんはその人の技量によるでしょうね)どのスピードレンジでも抵抗なく曲がる。さすがハンドリングのヤマハといったところか。
昔試乗でマグナ250に乗ったことはあるけどもう少し直進安定性に振っていた感じで、まっすぐ走りたいバイクをライダーがきちんと意識して曲げてやる感じだったと記憶している。

ま、250ccの話なんでそんな感じ、くらいの話なんでしょうが。良くも悪くも大型バイクからするとクセはない筈。

でもだからこそ長くお付き合いできているのかな。

めざせ10万キロ! できればそれ以上…。

DRPYkEaUMAA115-

RX-8 12ヶ月点検 93,932km

水曜日に休みがちょいちょいある身としては懇意にしている近くのマツダが木曜定休に変わってくれたのが非常にありがたい。そんな訳で平日に12ヶ月点検に行きましたよ。

定期点検項目以外にプラグとプラグコードの交換をお願いしていたのでそちらも併せてやってもらった。

前回コードをNGK製のものを持込で変えてもらったんだけど今回はディーラー純正のもので。エンジンルームの彩りとしては非純正品が映えるんだけど、まあ、今回はいいかな、と。

NGK以外にも色々ハイテンションコードが出てるけど通電量が多い(こういう表現であってるのか?)ものほど劣化が進みやすいみたいなんでマメに替えてやらないとね。9万キロ目途に一度変えておこうと思っていたのでこのタイミングで。次はいつだ…?

プラグも自分で交換にチャレンジすべきかとも思うけど、街乗り用に番手を下げたものが通販では手に入らないからもうおまかせで。万が一プラグホール舐めたときのダメージが計り知れないので及び腰なのもある。一応交換用のプラグソケットは用意したよ。ドコに置いたか忘れたけど物置のどこかにはある。

今のところバッテリーは良好。前回エンジンカブッた時にお義兄さまがPITWORKのバッテリーをいれてくれてたのでもう少し年数いけるかと。まあ、余裕みて交換していくけど。バッテリーあがりで始動不能とかツライ。

PITWORKってニッサン系列の部品メーカーなんですってね。コンナトコ知らねーよ、とか思ってたけど僕が名前を知らずとも確かな働きをしてくれそうな気がしますね。


ブレーキ残量がフロント7mm、リア5mm。

リアの方が減り早いのね。わかるような意外なような。


タイヤ溝はフロント2.5mm リア1.5mm。

リア側はディーラー基準的には限度きてるみたいね。ただ口頭では『まあ、車検までには…』といっていたのでなんとか近いうちに交換したいと思います。

空気圧2.2キロにて調整。これでよかったっけ? と思って今調べたら純正設定も今履いているミシュランパイロット3もロードインデックスどちらも91Wだった。 何故元より高いLIのを履いていると思っていたのだろうか。まあ、2.4キロ設定でもおよそ好みの範囲内だと思われる。 

今回はそんなトコか。サスのダストブーツはお義兄さまは頑なに治してくれないので毎回、破れてますよ? 車検に通りませんよ? と言われるが、これも最早お約束のやりとりとなりつつあるな。

まあ、多分、コレ替えようと思ったら一回サス外さないといけないっぽいもんね…。


______________________________________________________________

N3H118140B ハイテンションコード セット 交換

N3Y118110A ×2
N3Y918110A ×2 スパークプラグ交換

エンジンルーム廻り各部点検
ブレーキ廻り各部分解、点検
足廻り、下廻り各部点検、締付け
電気廻り、灯火装置各部点検
日常点検項目各部点検



タイヤ交換 冬→夏

スタッドレスは4年目? ノーマルタイヤは? フチにひび割れが出てきましたけど、もう1年(車検)いけるかな? 



タイプS純正の18インチホイールがスタッドレスから替えたらレスポンスが重たくってしょうがない。

タイヤの硬さも大きいのだろうけど、RX-8で街乗りメインで使うならきっと17インチでも充分なんだろうな。

インチ大きいと直進性は高まった気がするので、意味はあるんだろうけどね。

まあ、そんなこんなでタイヤ交換でした。
記事検索
タグクラウド
最新コメント
  • ライブドアブログ